沖縄の植物
HOME > 沖縄の植物の応用

沖縄の植物の応用

健康をサポートする私たち薬局えぱーわーな〜では、
薬草の宝庫と言われている沖縄の薬草を、普段の生活の中に取り入れることが
健康を支えると考えています。
このページでいくつかの薬草を、自撮りの写真と小話でご紹介します。


【フーチバー】

じゅーしー よもぎ

ちょっと体調を崩したら、ミネラル豊富なフーチバー(よもぎ)を、
ジューシー(沖縄風雑炊)にして食べる。
さりげなく、しっかり、ミネラル補給が大切です。


ライン


【ムーチー】

月桃 月桃


ムーチー 月桃の葉にもちを包む。
紅いのはトーヌチン(たかきび粉)入り。
家庭で、ムーチー(餅)が
普通に作られていた時代は、
年に一度、月桃から出る蒸気で、
家の中が殺菌されて、余計な雑菌が退治され、
家族の健康が保てたのではないかと、
考えられます。
年に一度は、月桃の蒸気を浴びたいものです。


ライン


【うっちん】

うこん  春うっちん(春うこん)、秋うっちん(秋うこん)、
 みごとに識別できる。
 ミネラルと精油が豊富な黄色の春うっちんは、
 苦味あり。
 グルクミンが豊富なオレンジ色の秋うっちんは、
 苦味少なめ。
 乾燥させて、砕いて、煮物、炒め物に混ぜれば、
 体に取り込める。


春ウコン 秋ウコン


乾燥機 ウコンの粉末




ライン

▲ページトップに戻る